2003年11月 フランス「モンスーリ相互医療研究所」

腹腔鏡手術手術の発祥の地フランスに、1700件以上の前立腺腹腔鏡手術を行いながらもまだ死亡率ゼロの病院があるという。安全な手術がいかにして確立されたかを探るためパリへ飛んだ。

教育システムや執刀医基準、遠隔操作でロボットが行う腹腔鏡手術を見て、事故の多い日本と何が違うのかを検証。

これまでの活動

モンスーリ相互医療研究所

※サムネイル画像をクリックすることでより大きな画像を見ることができます。

※画像をクリックすることでより鮮明な写真を見ることができます。